ホットペッパー
ネイルサロン

ネイルアートの歴史

ネイルアートの歴史

ホットペッパーでネイルアート@ホットペッパー大阪ミナミ

紀元前約3000年〜4000年ごろの古代エジプトでは、
ミイラなどから、すでにネイルに着色する文化があったことが確認できる。
植物性(ヘナなど)の染料を用い、身分の高い人間ほど濃い色で
着彩されていたとみられる。

18世紀頃のヨーロッパで現在のようなネイルアート
広まったとされている。
中国では唐の時代に楊貴妃がネイルに染色を行っていた。
日本に伝来したのは平安時代で、
ホウセンカ、ベニバナの花の汁を用いてネイルに色をつけていた。
江戸には遊女が行っていた事が知られている。

19世紀にアメリカで自動車用のラッカー塗料が開発され、
この技術を用いて現在使われているマニキュアが開発された。

ホットペッパーでネイルアート@ホットペッパー大阪ミナミ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。